講演依頼&自主上映会開催について

長編ドキュメンタリー映画「Life」上映のお申し込み

《「Life」の上映会を企画する方へ》

長編ドキュメンタリー映画「Life」の上映をお申し込みご検討いただきまして、ありがとうございます。上映会の企画〜開催、終了後までの流れは以下の上映会開催マニュアルの通りです。

 

《「Life」上映会開催マニュアル》

【1】開催までの流れ

① 会場&開催日時の決定

② 上映申込書の記入&提出(上映会開催の半年〜2ヶ月前まで)
※申込書のダウンロード※)プリントの上ご記入ください。

③申し込み金のお支払い

④「Life」本編のサンプルDVD貸し出し(郵送にて)

⑤上映会イベントの広報&集客
(チラシ制作&チケット販売、SNSの活用など)

⑥当日の設備・運営の確認
(上映機材のチェック、当日の受付・司会など役割分担決め)

⑦上映会イベント当日

⑧上映料金のお支払い(終了後10日以内)

⑨サンプルDVDの返却&報告書の作成&提出(郵送にて)

 

【2】開催手順についてのアドバイス

①会場&開催日時の決定

《会場選びのポイント》
会場として適した場所の条件は、まず十分な映像上映機材が整っているかどうかという点です。また、ドキュメンタリー映画「Life」は2時間弱の長編ですので、長時間座っていても疲れにくい椅子や、空調設備が整っているかどうか等の視聴環境についても、会場選びの際の大事なポイントです。

《日時の決定》
イベント開催の準備期間を考えると、遅くとも開催の2ヶ月前までには決定してください。

②上映申込書の記入&提出

所定の申込書に必要事項をご記入頂き、メール、またはFAXにてお送りください。

《申込書提出先》
Eメール:omoi.negau@gmail.com / FAX:053−525−9663

③申し込み金のお支払い

申込書提出から10日以内に、以下の口座に申し込み金として1万円のお振込をお願い致します。

————————

《ゆうちょ銀行》

口座名/想い願うプロジェクト

《振込先口座番号》

(1)ゆうちょ銀行からのお振込の場合
 /口座記号番号:00870−8−216267

(2)他行からのお振込の場合/店名(店番):〇八九
(ゼロハチキュウ)店(089)
  預金種目:当座
  口座番号:0216267

————————

④「Life」本編のサンプルDVD貸し出し(郵送にて)

申し込み金の入金確認ができ次第、あらかじめ申込書にご記入頂いた住所宛に、サンプルDVDをお送りします。こちらは上映会イベント終了後に、必ずご返却ください。(こ返却いただけない場合は、違約金を請求させて頂く場合もございますので、ご注意ください。)

⑤上映会イベントの広報&集客

広報と集客は、イベントの成功を左右する最も大切な部分です。イベントを広報するチラシ制作につきましては、独自に制作して頂く他、ドキュメンタリー映画「Life」の基本デザインを使用したチラシやチケットのフォームをご希望の場合は、上映申込書にて合わせてお申し込みください。後日、開催日時や場所の情報を入れたチラシのデータをメールにてお送り致します。集客に正解はありません。チラシを様々な場所(飲食店やショップ、公共の施設など)に置かせて貰ったり、SNSを活用してイベントを告知するなど工夫が必要です。またメディアに情報提供することで、記事や放送で告知して貰えるよう働きかけることも一つの方法です。

⑥当日の設備・運営の確認

イベントを成功させるために、広報とともに大切なことは、会場の設備が問題なく作動するかを、イベント前日までに確認しておくことです。特に、上映設備は映像の明るさや音声のボリュームなど、実際に上映するDVDを使用して、一度上映のリハーサルをしておきましょう。当日になって、機材のトラブルが発生しても、お客さんは待ってはくれません。また、当日の会場内での運営も、イベント成功を左右します。受付では、申し込み者の名前入りリストをあらかじめ用意するなど、スムーズに受付を行うことが重要です。開始時間が迫ると、入り口が込み合うことから、受付には複数のスタッフをおきましょう。また、会場内での案内係や司会進行役など、事前に全員でイベントの流れを打ち合わせておくことが必要です。

⑦上映会イベント当日

不測のトラブルなどに備え、準備設営などは時間的な余裕を持って行いましょう。

⑧上映料金のお支払い(終了後10日以内)

イベント終了後10日以内(請求書に記載された期日)にサンプルDVDと共にお送りした請求書の金額を全額、申し込み金を振り込んだのと同じ、以下の口座宛にお振込ください。

※期限内にお振込いただけない場合は、違約金を請求させて頂きますので、くれぐれもご注意ください。

————————

《ゆうちょ銀行》

口座名/想い願うプロジェクト

《振込先口座番号》

(1)ゆうちょ銀行からのお振込の場合
 /口座記号番号:00870−8−216267

(2)他行からのお振込の場合/店名(店番):〇八九
(ゼロハチキュウ)店(089)
  預金種目:当座
  口座番号:0216267

————————

⑨サンプルDVDの返却&報告書の作成・提出(郵送にて)

またイベント終了後10日以内に、サンプルDVDと共にお送りしたイベント報告書にご記入の上、サンプルDVDと一緒に以下の住所宛に郵送してご返却ください。

————————

《イベント報告書&サンプルDVD郵送先》

〒432−8036
静岡県浜松市中区東伊場1−8−3稲元ビル東伊場803号室
「想い願うプロジェクト」笠井 千晶 宛

————————

【3】上映料金について

(1)長編ドキュメンタリー「Life」上映基本料金
上映料金につきましては、イベントの規模(会場の定員)が大きければ大きい程、高い金額に設定しております。これは入場料金を設定することにより、イベントの開催費用を賄うことを想定しているためです。定員が増えれば、その分収益も増えるためです。(1人分の入場料×定員=イベント収益)

▶︎ 作品上映のみ・基本料金(1)
 ※作品の上映のみで、トークなどを含まない料金※
 イベント定員
 50人以下/3万円
 51人〜100人/4万円
 101人〜300人/5万5000円
 301人以上/8万円

▶︎︎ 作品上映+監督トーク込み料金(2)
 ※作品上映の前後に、監督のトークを希望する場合には
  浜松市〜会場までの往復の交通費などが必要です。※
 イベント定員
 50人以下/4万円+交通費(浜松市⇔会場)
 51人〜100人/5万円+交通費(  〃  )
 101人〜300人/7万円+交通費
 301人以上/10万円+交通費

▶︎ 上映+監督&ゲストトーク込み料金(3)
 ※作品に登場する、福島の家族などゲストと監督の対談トークを希望される場合には、さらにゲストの交通費も必要です。※
  上記(2)+ゲスト人数×1万円+ゲスト交通費(人数分)

【入場料金設定のご提案】
※主催者自身の負担やスポンサー負担により、上映料金を賄うことが難しい場合は、500円〜1000円程度の入場料金を設定することをお勧めします。具体的には、以下のようなイメージとなります。

(例1)定員50人の場合(上映料金3万円)

 1人500円の入場料×50=2万5000円
 ※足りない分は会場内でカンパ受付 or 主催者負担
 1人1000円の入場料×50=5万円

(例2)定員100人の場合(上映料金4万円)

 1人500円の入場料×100=5万円
 1人1000円の入場料×100=10万円

(例3)定員200人の場合(上映料金5万5000円)

 1人500円の入場料×200=10万円
 1人1000円の入場料×200=20万円

こうした入場料金を設定することで、上映料金の他、会場や機材のレンタル代や運営費なども賄うことが可能です。イベント開催資金が不足しているという方は、イベント全体にかかる費用を賄えるよう、入場料の設定をご検討ください。